OFFICIAL BLOG

CREATE STYLE SMART


日頃、服を着たときに何かしっくりとこないときはありませんか?

新しい服を買って気分よく出掛けるつもりが、何かしっくりこない。誰でも経験していることですが、何とかしたいと思う気持ちも次第にそれに慣れてしまいます。しかししっくりこないことには変わりありません。

原因は、「ベルトです」。例えばネクタイ。ネクタイを買いに行くと色の選択肢がたくさんあります。その中から、自分のスーツに合う色、素材感、幅を選ぶことが出来ます。ネクタイ1本で事足りることはありません。ベルトはどうでしょうか?基本的に茶と黒。バックルは付いているものを使わなくてはいけませんが、実はベルトで一番大事なのはバックルなのです。
スタイルに合ったバックルをつけないことがしっくりこない最大の原因です。もちろんベルトの幅・レザーの種類・色もしっくりこない要素です。市販されているベルトの幅は限定的で30mm幅のものが多く、スーツにもデニムにも不適格です。ほとんどの方はベルトを色で選ばれることが多いと思いますが、ベルトの色は合っていてもその日のコーディネイトの素材感が雰囲気にあっていない場合があります。これがしっくりこない原因でもあります。つまりベルトの幅・色・レザーの種類・バックル、これらの要素がしっくりくるコーディネイトをつくります。


ELLIOT RHODES LONDON


つまり、ベルトは限られた種類の中から選ばざるをえないことが常習化し、いつの日かファッションアイテムの中で妥協しても良いアイテムになってしまいました。
エリオットローズのベルトは、豊富なバックルとレザーストラップを自分のスタイルに合わせて購入することができる唯一のベルトブランドです。複数のベルトを持つとその日にあわせてバックルを簡単に自由に交換でき、スーツ、オフィスカジュアル、デニムカジュアルやゴルフスタイルにベストなベルトを自分で作ることができます。お好みもありますが、基本的にコットンパンツ用は、30・35mm、スーツ用は35mm、デニムカジュアル・ゴルフ用には40mmが適しています。さらに優れているところは耐久性。特にコバ処理(レザーの張り合わせの塗装)が通常は1度塗りのところを3度重ね塗りし、ベルトホールにもコバ処理を施しているのでベルトホールがつぶれにくいのも特徴です。ぜひ一度エリオットローズのベルトを試していただき、日頃の「しっくりこない」を解消してください。
Nobumitsu Saimon